家のどこにいても緑と風を感じることができる好立地。奥様の「フレンチカントリーな家」というイメージを実現するため、水回りや家具、建具などはオリジナルで造作しました。白を基調としたデザインが美しい新築物件は、サラサホームが作る「手の届く本格洋風住宅」です。


南側に公園が広がり、家のどこにいても緑と風を感じることができる好立地。豊かな日差しと緑、そして風を活かすため、採光と通風に気を配り、見た目以上に快適な家が誕生しました。ベージュの外壁や瓦のカラーリングもあいまって、雰囲気はまるで南欧のリゾート地。これこそ奥様の理想の家でした。

人気のフレンチカントリーとあってデザインに目が行きがちですが、性能も申し分ありません。床にはヒートトリーテッドパインという高熱加工を施した含水率4%以下のフロアー材を使用。無垢材特有のやさしい肌触りに加え、伸縮や反り、曲がりが軽減されているのが特徴です。塗装にも、亜麻仁油ベースの自然塗料リボスを使用するなどぬかりなし。

内装は自然素材で仕上げ、建物自体もサラサセーフティシステムに加え、構造計算、断熱Low-eペアガラス、10年防蟻保証など安心をプラスしました。目には見えにくいところですが、快適性を決める大事なポイントを手抜きせず丁寧に。長く付き合える、理想的な家が完成しました。

7白いタイルと黒いロートアイアンのオリジナルキッチン。後ろの家事スペースのそのまた後ろは脱衣室で無駄のない動きで家事効率アップ。アールを用いてフレンチカントリー風の雰囲気を演出。

5壁は吸放出性のあり、耐水性もある漆喰塗り 。季節ごとに代わる日本の気候にぴったり。テレビ台の壁は調質効果のあるタイル、エコカラットを採用。

4焦げ茶と白壁、そして天井の梁のコントラストが美しいリビング。優しい風が入り込む。

3フレンチスタイルにも和室にもテイストが合うドアで仕切りを。

14広い玄関にはプライバシーのあるファミリー玄関も配置。ステンドグラスの扉で重厚な雰囲気。

112階床はすべて無垢のラップランドパイン。寝室にはウォークインクローゼット。

両サイドに洋服かけのあるウォークインクローゼット(写真左)。アンティーク風の照明を各所に(写真右)。

12
ロフトのある真っ白な子供部屋。

トイレも南欧の田舎家のような雰囲気(写真左)。 玄関前のポーチとオレンジの屋根が目印(写真右)。


17外観にもアールを用い優しいフレンチテイストに。


  • 建築データ
    所在地:福島県いわき市
    家族構成:ご夫婦+子供2人
    延床面積:138.15㎡(41.8坪) 1階:71.65㎡ 2階:66.50㎡
    敷地面積:309.23m2 (約93坪)
    竣工:平成26年5月
    設計:サラサホームいわき南建築設計事務所
    施工:(有)サラサホームいわき南
    構造形式:サラサセーフティシステム
    主な外部仕上:屋根)洋瓦葺 外壁)サイディング
    主な内部仕上:天井)漆喰 壁)漆喰 床)1F:ヒートトリーテッドパイン 2F:ラップランドパイン