子育て、介護の時期が過ぎ、夫婦二人で暮らすこれからの生活を思い、建主さまはその暮らしに合う器が必要と考えました。「大きな家は必要ない。老後を暖かく、ランニングコストを少なく暮らしたい」と、奥様は断熱について熱心に勉強され新住協→豊田設計事務所と行きつき、築30年の家を減築+断熱改修することとなりました。


将来年金生活に入った時、できるだけランニングコストを減らしたいというのは誰もが切実に願うこと。今回は外観や水周りはほとんど変えずに、家の性能向上を中心としたリフォームです。間取りは使いづらかった続きの和室をなくし、開放感溢れる空間とし、必要のない部屋は減築しました。

外観を変えなかった分、玄関へのアプローチを植栽で演出し、これからの生活を豊かに楽しむ工夫もしました。自分たちのこれからの老後をしっかり見据え熟考した結果、既存の家をジャストサイズに「お直し」する選択で、費用を抑えながら住み心地がよく家計にやさしい家にすることができました。

1
玄関を入ると約5畳の土間。庭とリビングをゆるやかにつないでいます。土間は囲炉裏を置いて接客スペースにもなります。改修前と同じ位置に設けた床の間もセンスよく飾られています。

4
キッチン側から庭方向を臨む。

14
6

2階は来客用の寝室です(写真左)。足が入るパソコンスペースは足元暖房付(写真右)。

5
リビングわきの寝室は洗面、浴室、トイレまで一直線です。

9
以前のものを再利用したキッチン。まだまだ現役で活躍できます。

19
玄関に続くアプローチは北郷創庭舎が設計施工。訪れる人の目線を自然に誘導しプライバシーを守る仕掛けなど考えつくされています。玄関につくまでのひと時を癒しと楽しさを交え演出しています。


  • 建築データ
    所在地:いわき市常磐上湯長谷町
    家族構成:ご夫婦
    延床面積:104㎡(31坪) うち5坪を非断熱 1階:91㎡ 2階13㎡
    竣工:平成21年9月
    設計:豊田設計事務所
    施工:村上建築
    構造形式:木造軸組構造
    主な外部仕上げ:屋根)既存のまま(瓦葺き) 外壁)既存のまま
    主な内部仕上げ:天井)クロス 壁)天然壁紙 床)ラオス松