小森工務店 小森測氏

「ご夫婦と子供1人の3人家族のお住いです。
計画敷地は61.5坪で、若葉台という土地は1区画60〜80坪のところが多く、隣の家との距離が近い印象がありました。まず敷地のいい点、問題点を書き出してみました。」

【この土地のいい点】
①角地で北側に公園(桜と緑がとてもきれい)
②南面の西側に前の住宅が建っているが、南面の東側は開けている
③敷地に80cm程度の高低差があるので周囲の目が気にならない
④南、東南から風が吹く

【この土地の問題点】
①前の家の背が高いので、南側の半分は陽射しが望めない
②角切りの角地なので普通に四角の家をつくると無駄なスペースが出来てしまう
③隣地が近い
④敷地に高低差があるので駐車スペースが取りづらい

➡【それらをふまえて・・・】
①建物をL字型に配置することで隣家の目が気にならないプライベートな庭をつくり、日があまり当たらない南面の西側部分は平屋にして、天井高を高くしトップライトをとることで室内物干しスペースとした
②公園側に開くよう建物も角切りに合わせた45°のカタチにし、大きな窓で外の景色を取り込む
③東側の板塀は高低差もあるのでなるべく低いものにし周りに馴染むように
④南からの風を考え南北にのびたリビングとし部屋全体に風が通る
⑤高低差があるため基礎は深基礎とし、インナーガレージを設けた

【使用樹種】
杉、桧、タモ、レッドオーク、ブラックウォールナット、シナ、アメリカンチェリー、ウリン、レッドシダー、パイン、ブナ、ラワン、ピーラーetc

※長期優良住宅認定

高低差のある角地の敷地。角切り(アール)の敷地形状に合わせて建物の形も変形させている。
敷地高低差があるため深基礎とし、インナーガレージを設けた。
ポーチから続く大谷石貼りの玄関。左手はファミリークローク。
角切りの敷地に合わせ、無駄のないよう建物形状を工夫し、公園の緑を取り込めるよう窓を配置。春には桜を鑑賞できる。壁・天井は藁入り砂漆喰仕上げ。
LDKは約21畳。リビング側の天井高は3.4mと高くとり開放感を。高窓で排熱と通風を促す。

黒がリビングのアクセントになっている一本階段。

キッチンはシナ、アメリカンチェリー、ナラ、ウォールナットを組み合わせて造付。奥のハシゴと扉は、ガレージ上部を利用した大空間収納。
木製(レッドシダー)の塀に囲まれたプライベート感を大切にした庭。
洗面脱衣所の奥には吹き抜けの物干し場。家事楽な嬉しい仕掛けが…
物干し場は電動開閉のトップライトウィンドウで採光・通風も確保。

リビング階段で2階へ。

2階フリースペース。将来は子供部屋として仕切る予定。棚はレコードジャケットに合わせて製作。ロフトに上がる階段の下には収納。2階の天井はラワンベニア仕上げ。

階段付きロフト。回遊性があり主寝室からも出入りできる。

ロフト・天窓付きの主寝室。
主寝室も公園に向けて大きな窓を配置。
2階のもう一つの個室。1階リビングの天井高を上げている分1段上がっている。
収納はほぼすべて造作。取っ手や枠にブナやウォールナットなど堅木を用い、シンプルに使い勝手よくデザイン。
高低差があるため低めにデザインされた外塀。アールの敷地形状を活かすよう組み方を工夫している。

 


建築データ
所在地:いわき市
家族構成:ご夫婦 子ども
延床面積:143.51㎡(43.4坪)(1階:76.22㎡※ガレージ含/2階:67.29㎡)
敷地面積:203㎡(61.5坪)
竣工:平成29年7月竣工
設計:(株)小森工務店
施工:(株)小森工務店
構造形式:木造軸組構造
主な外部仕上:
屋根)ガルバリウム鋼板長尺横葺き
外壁)ガルバリウム鋼板長尺横葺き
主な内部仕上:
天井)藁入り砂漆喰(LDK)、ラワンベニヤ(玄関、2階)、ビニルクロス
壁)藁入り砂漆喰、ビニルクロス
床)パインフローリング、一部クッションフロア