白と黒のグラデーションで構成された空間がシックなこちらのお住い。
建主さんのご希望である「白と黒ベースのモダンな家」を、想像の更に上を行く提案でつくりあげました。
単純に2色の組み合わせで終わらないように、グレートーンを随所にはさみつつ、異素材の質感を合わせながら、様々なニュアンスのある空間に仕上げています。昼間は十分な採光で明るく開放的に過ごすことができ、夜は照明で雰囲気が一変します。昼と夜で室内の表情の違いも生活の中に取り入れ楽しむことが出来ます。

素材のディテール、質感にもこだわり、手仕事感のある鋸引き仕上げのオークの無垢フロアにグレーの光沢のあるタイルパネル、ハードな存在感の黒の鉄柱など、ミックステクスチャーでお互いの相乗効果をもたらしています。

また、家に合わせた家具を選んで欲しいと、東京青山の家具店「AREA」等と業務提携し、「家を建てたその先」の提案もしています。せっかくこだわった空間を活かせるかそうでないか、家具選びが大きなウェイトを占めてきます。そこをプロと一緒に選べるのは心強いですね。

もちろんデザインだけではなく、家族が使いやすいプランニングとアイディアが随所に織り込まれています。様々な表情で住む人を包み、楽しませてくれる家になりました。
白、黒、グレー、木目が美しく調和。床材の無垢のオーク材は鋸引き仕上げという表面に凹凸をつけた加工。手仕事感のあるラスティックな味わいもプラス。

昼間は光が差し込み明るい室内。3つ揃いの照明の下がダイニングになります。

畳スペースはグレーの濃淡で市松に配置。「ゴロゴロ出来る和室が欲しい」に雰囲気を崩すことなく応えています。

畳は子どもの遊びスペースとしても最適。キッチンからも目が届きます。

鉄柱や建具の格子の黒がアクセントとして空間の引き締め役に使われています。

キッチンの後ろは天井までのフルハイドなスライドドアで、調理家電も食器も食材も隠して生活感シャットアウト。
スライドドアを開けると中は黒!収納力もあります。 
サニタリーは潔くすべて白!どんな汚れも見逃さず清潔を維持できますね。たっぷり収納が2箇所。



サニタリーと畳スペースの間に屋根付きのデッキスペース。洗濯物はもちろんのこと半外空間として、遊び場やお風呂上がりの一杯など様々に使えます。


主寝室のベッドヘッド方向。グレーのグラデーションで心地よい睡眠を。

2階のフリースペース。スタディーコーナーもあるので勉強も趣味も仕事もこちらで。疲れたら隣のバルコニーでちょっと一息。

子供部屋は今は二人一部屋として使用予定。ドアが2つあるので将来仕切ることも可能。

玄関からキッチンまで一直線の動線と、リビングへの動線と二通りあります。右手側は玄関からキッチンまでずっと収納。

出来れば設けたい建物一体型の物置。後付物置より敷地がすっきりします。
ザ・シンプルモダンな外観。夜は外灯でレッドシダーを美しく照らします。


■建築データ
所在地:福島県いわき市
家族構成:ご夫婦 子供2人
延床面積:134.15㎡(40.57坪)(1階:66.66㎡/2階:67.49㎡)
敷地面積:304.77㎡(92.19坪)
竣工:平成30年4月竣工
設計:佐河博明
施工:ライフデザイン(株)
構造形式:木造軸組構造
◆主な外部仕上:
屋根)ガルバリウム鋼板
外壁)ジョリパッド仕上げ
◆主な内部仕上:
天井)クロス仕上げ
壁)クロス仕上げ
床)ワイルドオーク

 

お問い合わせ

お問合せ

住宅相談室(無料)

住宅相談室