遠方にいる母と祖母を呼んで一緒に暮らしたい。
そんな奥様の願いを叶えるために、ご夫婦は中古住宅を購入してリフォームすることにしました。購入したのは茶室や地下室のある築20年ほどの家で、柱と梁は「なぐり仕上げ」など立派な佇まいです。今回は家族3世代が集うLDKを中心にリフォームしました。

「奥様が建築の学校に通っていたこともあり、細部の仕上げなどに具体的な要望があったので、とてもやりやすかったです。」と堀井社長。さらにプロとしての提案とアイディアを加え、LDKはもともとは茶室のある2間続きの和室&台所だったとは思えないほど変貌しました。広いワンルームとして、お祖母様が車椅子での移動と食事がしやすいようにしています。

また、アウトドアやお料理など多趣味なご夫婦の持ち物やこだわりを新居に上手に取り入れられるようヒアリングを重ね、2700mmの通常より大きなキッチンと作業台、ワインセラー、薪ストーブ、アウトドアギアの収納などを適材適所にしつらえられています。またエクステリアとしては駐車場を2台→3台に増設し、車いす用のスロープも設けました。

「立派な建物だけど、中古物件は使いづらいかも…?」と購入前は悩まれた建主様ですが、見事に新しい家族にフィットする新しい家として生まれ変わりました。

二間続きの和室は主に茶室として主に使われていました。
左手がリビング、中央がダイニング、右奥がキッチン。以前は小割だった居室をL型ワンルームとして大きく使います。

DKの天井は杉の羽目板が連続しているので、空間がより広く感じられます。壁は空気がきれいになるゼオライト塗り。床は無垢のナラ材。
建主様が自ら選んで購入した薪ストーブ。プランニングの際の第一必須項目だったそうです。リフォーム部分は高断熱施工で快適性を向上。
リビングからダイニング方向。縦格子がゆるやかに空間を仕切りますが、実は構造上抜けない柱を利用したもの。耐力壁を追加し、梁・柱を補強して耐震性も向上。

ワインやグラスなどを収納するスペースをダイニングの隣に。

約6畳の地下室は天井を補強してほぼそのまま。食品貯蔵などに使います。
廊下から入ったところにある空間にベンチを置き、ちょっとした休憩スペースに。
狩猟もされるとのことで、ジビエもここで捌けそうな約9畳のキッチン。なぐり仕上げの柱と梁は残してあります。

作業台の上に作り付けのアイアン棚。「照明の配線を出さないように工夫しています」と堀井さん。
2700mm巾のキッチンに続く小物棚、家電・ゴミ箱収納なども奥様が細かくこだわりました。


廊下とキッチンの間に可愛らしい小窓。玄関のお客様がすぐ確認できます。


玄関。ご夫婦が好きな山小屋のような雰囲気はそのままに。奥のアウトドアギア収納は元はお茶室の水屋だったところで、排水口があるので汚れ物が洗い流せます。

洗濯物が干せる外部のデッキも今回設えました。もともとあった柱に合わせてデッキ材を施工。

2階は屋根勾配部分に収納とトイレを新設しました。色鮮やかなアウトドア用品が並びます。


■建築データ
所在地:いわき市
家族構成:ご夫婦、母、祖母
竣工:平成30年7月
設計:(株)木樂工房
施工:(株)木樂工房
主な内部仕上:
壁…杉羽目板 ゼオライト(ホタテ貝紛入り) クロス
天井…杉羽目板 ゼオライト(ホタテ貝紛入り) クロス
床…ナラ無垢

お問い合わせ

お問合せ

住宅相談室(無料)

住宅相談室