住み始めて4ヶ月経った新居に伺いました。1月の真冬日でしたが、玄関を開けるとほわっと暖かな空気に包まれ、それが家中続いています。

今回は30代になったばかりの建主様です。家を建てるにあたり、山登りや海が好きなご主人が最も重視したのが「自然素材をふんだんに使う」ということ。ネットで見つけた木樂工房の郷ヶ丘の実例を見学して自分たちの求めていた方向性を確認し、木樂工房に依頼しました。
「競合したハウスメーカーもありましたが、決め手は自然素材使いもさることながら、家づくりの良さと価格と自由度です。近所のおばあちゃんが毎日現場監督してくれてたみたいで(笑)、『いい仕事してた』と太鼓判をもらったのも嬉しかったですね。」とご主人。
「住んでからの満足度を高めるには、当たり前のことなんですが見えないところをきちんとやる、ということに尽きると思います。大事なもの(構造・施工精度)は建てたあとは見えないですから。おばあちゃん監督ありがたいですね。」と堀井社長。

「担当が話しやすかったのも良かったです。最後は人との相性が一番です。」と奥様。今回は女性社員の佐々木さんが設計を担当し、お客様の希望を取り入れつつ女性目線の使い勝手の良さも提案しました。
「おまかせしていただいた部分も多く、毎回お子さんの成長を見ながら楽しく打ち合わせができました。引き渡しが寂しかったです。」と佐々木さん。

家づくりは楽しく!をモットーに、「木樂」の名にふさわしい家づくり。建主様は「うーん、不満な点は見つかりません。和室にテレビ端子つけなかったことぐらいかな。」とのことでした。

吹き抜けどん!


吹き抜けのリビング。当初建主様は吹き抜けを希望していませんでしたが「こんなに開放感があるとは。そして全然寒くない!」と今は大のお気に入りとなりました。建物の気密断熱性能を高め、リビング床下に設えた1台のエアコンで家中の暖房をまかなっています。家中温度差のない快適性と、自然素材を使った心地よい暮らしがみてとれます。
和室からリビング方向。吹き抜け空間の伸びやかさが感じられます。
床はナラ無垢、壁はゼオライト塗壁、建具はタモ、天井と柱と梁は地杉。「物を出さずにスッキリとした暮らしを希望されていたので、収納・家具はすべて造り付けにしました。」と担当の佐々木さん。
横格子の奥はエアコン。床下に温風を回し、家の中をエアコン一台で温めます。実際家の中は上下左右温度差なく快適でした。

広縁付きの和室。縁のベージュが木と馴染みます。

キッチン後部収納と洗面所。水回りを近くにまとめて家事楽動線に。

洗面もトイレ棚も造り付けのオリジナル。

2階にも収納と自然素材たっぷり


壁は有害物質除去効果のあるゼオライト(ホタテ貝粉入)の塗り壁。コテ跡が温かみを感じさせます。
2階階段周りの手すりは本棚になっています。

2階に便利な2竿分の洗濯物干しスペース。作業台付き。
2階主寝室。ウォークインクローゼットと本棚を造り付けました。

将来2部屋に分割可能な子供部屋はドアもクローゼットもそれぞれに。

子供部屋の一角に小窓。シーリングファンが見えますね。

小窓からリビングを見下ろしたところ。

桃紫色が綺麗な床の間付きの玄関。杉の扉収納も大容量。

木と気をつかう外周り


「玄関側は道路から目立つ場所なので、見え方に気を配りました。」と佐々木さん。高級感のある和モダンの仕上がり。
多目的に使えるデッキスペースは水に強いヒバ材。壁と軒天は桧。あくまで無垢材にこだわり適材適所で。

約94坪と大きめの敷地。玄関周りの庇を大きく出したことで、利便性とともに実際以上の家屋の大きさが感じられます。

建築データ

所在地
福島県いわき市
家族構成
ご夫婦+子供1人
延床面積
115.10㎡(34.75坪)(1階67.49㎡/2階47.61㎡)
敷地面積
310.54㎡(93.93坪) 
竣工
令和元年10月竣工
構造形式
木造軸組パネル構造
設計
(株)木樂工房
施工
(株)木樂工房
参考予算
2000〜2500万円

※本体価格に含まれるもの:建物本体(家具工事、設計料含む)
※含まれないもの:外構、地盤改良、解体費、屋外配管工事、諸経費、カーテン、エアコン、照明、太陽光発電、消費税など

主な外部仕上

屋根
ガルバリウム鋼板横葺き
外壁
防火サイディング+スタッコフレックス吹付塗装、一部桧羽目板張

主な内部仕上

ゼオライト(ホタテ貝粉入)
天井
ゼオライト(ホタテ貝粉入)、一部杉羽目板
床)ナラ無垢フローリング リボス仕上