今回アトリエマルムは、泉駅前のテナントビル「IZUMI BASE」の建物設計と店舗「神娯楽」の内装設計を手掛けました。
店舗は江戸時代をテーマにしたオーナー様の世界観を細部まで表現するとともに、来店したお客様が心地よく過ごしていただける空間を目指しました。一歩足を踏み入れると異世界へタイムワープ。では店内へどうぞ。

飲食店が3店舗入るIZUMI BASE


※看板が入る前の外観
泉駅徒歩3分に誕生した飲食テナントビル。

オーナー様の世界観を具現化した店内

「江戸時代の遊び場」というオーナー様の世界観を大切に、朱赤と黒を基調とした色使いでまとめています。入り口のには鳥居と小さな太鼓橋があり、内装には白梅の壁紙、金の襖、古い欄間などを使用して雅な和の空間を演出しています。
「日常の世界から非日常の異世界へ足を踏み入れるプロセスを、お客様に楽しんでいただきたいと思い、入り口のアプローチに太鼓橋と鳥居を設けました。」とアトリエマルム。

天井は市松になるように赤とゴールドで全体のバランスを見ながら配置。

「お客様とスタッフは赤い格子で区切られており、お客様は椅子に座り、スタッフは座ったままのスタ イルになります。お互いの視線と距離感が絶妙な雰囲気を醸し出します。」


レストルームは清潔さと豪華さを演出。
鏡は重要なポイントになるので厳選しました。インテリア雑貨ショップMiaCasaいわき小名浜店にて購入。
お座敷スペースもあるので、グループでもゆっくりと楽しいひと時を過ごせます。
「異世界を表現するのに、赤の色彩には最初からとても気をつけました。感覚を刺激するような赤にしたいと、塗装の職人さんと現場で打ち合わせしながら、全体的なバランスを見て色を配置しました。」

 

アトリエマルムではオーナー様の世界観を叶え、集客できる店舗設計・デザインを承っています。お気軽にお問い合わせください。

【お問い合わせ】
アトリエマルム一級建築士事務所
TEL   0246-88-8531
mail  info@malm.co.jp