今まで30年間、高台の住宅地にお住まいだったご夫婦。小高い丘のてっぺんは眺めもよく、広い庭も丹精込めてお手入れをし楽しんできましたが、定年を迎え、年を重ねるうちに坂の上の家に不便を感じるようになりました。車がないと買い物にも行けず、散歩するにも坂道が急でなかなか出かけられず広いお庭のお手入れもこれからのことを考えると手が回らないのではと感じました。
土地を所有していたこともあり、思い切って町中に住み替えることにし、あべ建築工房に「ごく普通の家を」と依頼しました。阿部社長の弟であるベア設計さんと細かく打ち合わせをし、要望を取り入れてもらいながら設計を進め「気がつかないところで暮らしやすい提案をしてもらったことで理想以上の家になった。」と建主さま。
久しぶりの町中生活は、散歩も楽しく毎日刺激があります。新しい出会いや発見が日々を豊かにしてくれます。家の中も今までとは比べ物にならないくらい、寒さを感じることはなく快適だそうです。
第2、第3の人生を町中ではじめるという選択は、家だけではなく心までリフレッシュしてくれたようです。

1
クリーム色でほんのり明るい佇まいの和の外観。
2
前の家で使っていた家具はもったいないし愛着があるのでそのまま使っています。床が明るい色なので雰囲気が変わりました。
7
阿部社長と談笑中。「特に周りの家に配慮してくださったのが、新しく住む者としてとても安心できました。」と建主さま。’ごく普通に’という当初のご要望に加え、プロの提案で間取りも環境も想像以上に快適だそうです。
3
日当たりも良いリビング横にはご主人の書斎コーナーもあります。
4
床の間が映える和室。和室に神棚、台所にかまど神、庭に氏神様など神様も一緒にお引越ししました。
5
ずっと華道のお稽古をしている奥様の手による生花が各所で季節を演出します。
6
大きくとった玄関フロア。以前の家の磨き丸太(床柱)を再利用しています。
8
新しい家も、お庭担当は奥様。前の家の芝生は30年持たせたという達人です。外物置は建物と一体化して目立たないようにしました。また町中なので防犯にも配慮しています。

9
リビングと続きのご主人の書斎スペース。

建築データ

    • 所在地:いわき市
    • 家族構成:3人
    • 延床面積:124.49㎡ 38坪(1階:93㎡ 2階31.5:㎡)
    • 敷地面積:255㎡(約77坪)
    • 竣工:平成22年1月
    • 設計:ベア建築設計室
    • 施工:(株)あべ建築工房
    • 構造形式:木造軸組在来工法
      • 主な外部仕上:屋根)陶器瓦葺き 外壁)防火サイディング、弾性リシン吹き付け

 

    • 主な内部仕上:天井)目透かし天井、竿縁化粧天井、クロス貼天井 壁)杉羽目板、けいそう壁、クロス貼り 床)御影石、サクラ無垢フローリング